ひまわりコラム

会社登記事項証明書と定款

会社の状況を示す法的な書類に、「登記事項証明書」と「定款」というものがあります。
商業登記は、取引の安全を図るために、会社などの法人について一定の項目(本店所在地や役員等)について公開することを義務付けている制度です。
「登記事項証明書」は会社の概要について記載されている書面であり、誰でも法務局で取得することができます。
「定款」とは、法律に基づき会社などの法人のルールを決めたものであり、「会社の憲法」と言われることもあります。
「定款」は、登記事項証明書とは異なり、法務局で取得することは出来ず、会社で保管されるものとなります。
会社を設立するときに必ず作成され、公証役場で認証というものを受けます。
その後は変更事項があるたびに定款を更新します。変更の際には、変更の決議を行った株主総会議事録が残るはずなので、本来はそれを整理して定期的に更新するのですが、実際にそこまで行っている会社は少ないかもしれません。
「定款」の提出を求められたが紛失してしまっている場合や、更新内容を書面に反映していない場合は、登記手続きを依頼した司法書士などの専門家にご相談ください。

お問い合わせ

手続きが必要になった時、またはトラブルを予防するための解決法をお考えになっている時は、どうぞお気軽にお問い合わせください。
お客様の状況に合わせた最適な方法をご提案させていただきます。

お電話でのご予約

054-349-6620

平日9:00~18:00(メールは24時間受付)